クレンジングの後W洗顔が必要なのはなぜ?サボると・・・

 

 

1日の終わりに化粧を落とすためにクレンジングをしますが、そのあとは必ず洗顔もしているという方も多いですよね。

 

ですがなぜクレンジングをしたのにさらに洗顔をするのか、その理由は「ちゃんと落とせたような気がしない」からという方も多いようです。

 

そのためW洗顔をしないとさっぱりしないということで、必ずクレンジングの後に行っているのでしょう。

 

またクレンジングは基本的に化粧を落とすための物として売られているものが多いので、W洗顔が必要となってくるのです。

 

確かにクレンジングをした後、水で流してもさっぱりせずぬるっとした感じが残っていたり、毛穴の汚れなども残っている場合もありますよね。

 

そのあとに洗顔をすれば見た目にも肌が綺麗になっているでしょう。

 

クレンジングでは古い角質なども落とすことができないので、肌ががさついてしまったりする場合もあります。

 

そのため、クレンジングのみになってしまうと、肌がくすんだり毛穴の黒ずみが目立ってしまったりして、ニキビもできてしまいます。

 

肌の綺麗をちゃんと保ちたいのなら、クレンジングの後は必ずW洗顔が必要となるのです。

 

W洗顔はちょっと面倒…そう思う方もいるかもしれませんが、肌にとっては良くないことなので、クレンジングの後は必ず洗顔を行うようにして、肌を清潔に綺麗に保てるようにしましょう。

 

 

本当はW洗顔なしが理想

 

クレンジングをした後に必ず洗顔をする方が、メイクも古い角質も両方しっかりと綺麗に落とすことができ、肌を綺麗に保つことができます。

 

ですが実はW洗顔なしの方が理想と言われているのです。

 

ここまできてちょっと矛盾してない?と思われる方も当然いるでしょう。

 

では、なぜ本当はW洗顔をしない方が良いのでしょうか。

 

実はクレンジングとW洗顔をすると肌に大きな負担がかかってしまうのです。

 

クレンジングも洗顔も、両方とも化粧や古い角質などの汚れをそれぞれで落としてくれますが、その際に必要な皮脂まで一緒に落としてしまいます。

 

すると肌に必要な皮脂がなくなり肌は乾燥状態に陥ってしまいます。

 

さらに肌を擦る回数も増えることで肌にとってはちょっとした刺激が増えてしまうのです。

 

敏感肌の方はもちろんですが他の肌質の方もやはり W洗顔は肌に大きな負担となります。

 

理想としてはクレンジング1回もしくは洗顔1回が望ましくなるのです。

 

ただ化粧も汚れも一度で落としてくれるものってあるの?となりますよね。

 

今ではそういった W洗顔不要のクレンジング剤などもあるので、肌に負担がかかっているかもしれないと思った方は見直してみるようにしましょう。

 

現実と理想は違うものですが、できるだけ理想に近づけられるように、まずは肌の基本的なお手入れから見直してみてくださいね。

 

 

W洗顔不要のクレンジング剤はある?

 

W洗顔が理想ではないと言うのなら、じゃあ1回で済むクレンジング剤はあるの?と思いますよね。

 

実は以前からもW洗顔不要の洗顔やクレンジングはありましたが、実はどれも結果的に満足できないようなものが多く、評価がとても低いものばかりだったのです。

 

ですが、今ではちゃんと綺麗にメイクも汚れもしっかりと落として、さっぱりできるW洗顔不要のクレンジング剤もちゃんと存在しているのです。

 

今特に話題となっているクレンジングではDUOザクレンジングバームが評価も高く人気もあります。

 

しっかりとしたクレンジング力を持ちながら毛穴の汚れまでちゃんと落としてくれます。

 

またクレンジングしながら肌への保湿もできるということから、乾燥肌の方や敏感肌の方にも高い人気があるのです。

 

テクスチャーも柔らかくとろっとしているので、摩擦が起きず肌に負担をかけることもありません。

 

W洗顔不要はあまり信用していないという方も、DUOザクレンジングバームなら使い心地も満足できるかもしれませんね。

 

他にもたくさんのW洗顔不要のクレンジングがあるので、使い比べたりして自分に一番合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

まずはW洗顔をしないことから始めるためにも、W洗顔不要のクレンジングを探して、理想のクレンジングができるように準備していきましょうね。

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム