今使っているクレンジング剤が肌荒れの原因だった!

 

肌荒れを防いで健康な美肌を保つために、クレンジング剤の選び方に気を付けてみましょう。
肌荒れを起こさないためには、一日の終わりにきちんとメイクを落とすことが大切です。

 

そのため、毛穴にメイク汚れが残ってしまわないよう、洗浄力が高いクレンジング剤を選んでいる人が多いのではないでしょうか?
洗浄力が高いクレンジング剤は、毛穴に詰まりがちな汚れまで落としやすくなりますが、人によっては肌に強い刺激を与えてしまうことがあります。>
クレンジング剤には油を落とす力が備わっているため、肌を健康に保つために必要な皮脂まで取りすぎてしまい、肌荒れを起こすこともあります。

 

とは言え、皮脂を取りすぎないようにと洗浄力が弱いクレンジング剤を選ぶと、メイクをきちんと落とし切れないことがあります。
肌に残ってしまったメイク汚れは少しずつ蓄積されていき、肌荒れの原因となってしまいます。

 

毛穴に汚れが詰まった状態が続いていると、アクネ菌が繁殖しやすい環境になり、ニキビもできやすくなってしまうでしょう。
肌荒れを起こさないためには、自分のメイクに合ったクレンジング剤を選ぶことが大切です。
ナチュラルメイクの人は洗浄力が弱めのものを、がっつりメイクをすることが多い人は洗浄力が高いオイルタイプのものを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

肌荒れしやすいクレンジング剤成分

 

クレンジング剤に含まれている成分で注意したいのが「界面活性剤」です。

 

界面活性剤は、販売されているクレンジング剤のほとんどに使用されており、メイクを落とすために必要な洗浄成分のひとつです。

 

しかし、界面活性剤の配合量が多くなると、たとえ敏感肌・乾燥肌の人でなくても肌荒れを起こす可能性が出てきます。
メイク汚れや余分な皮脂を落とせる成分ですが、肌を健康に保つために必要な皮脂まで落としてしまうこともある強い洗浄成分でもあるため、肌のうるおいを奪って乾燥を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

そのため、界面活性剤が多く含まれているクレンジング剤を乾燥肌の人が使い続けると、肌が突っ張ってさらに乾燥が酷くなってしまう恐れがあります。

 

また、界面活性剤自体が肌への刺激も強い成分であるため、敏感肌の人だとヒリヒリとした刺激を感じるかもしれません。
赤みやかゆみを引き起こし、人によってはかぶれてしまうケースあるため、新しいクレンジング剤を購入するときには界面活性剤の配合量に注意してみましょう。
オイル・リキッド・ジェル・シートなどのタイプのクレンジング剤は、界面活性剤の配合量が多く、肌に刺激を与えてしまう可能性も高いです。

 

敏感肌におすすめクレンジング剤

 

敏感肌の人は、市販のクレンジング剤を使用し、肌荒れを起こしてしまった経験もあるのではないでしょうか?
洗浄力が高く、刺激が強いオイルタイプやリキッドタイプのクレンジング剤は、肌への刺激が強めなので特に肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

 

 

とは言え、クレンジング剤の使用を控えることでメイク汚れが残ってしまうと、それが肌荒れの原因となってしまいかねません。

 

そこで、敏感肌の人でも肌にやさしくきちんとメイクを落とせる「DUOクレンジングバーム」をおすすめします。
DUOクレンジングバームは、オイルタイプのクレンジング剤のような洗浄力の高さを持ちながら、敏感肌・乾燥肌の人でも安心して使用できるやさしいクレンジング剤です。

 

肌に密着してスーッと馴染むバーム状のクレンジング剤で、濃いメイクや毛穴に入り込んだメイク汚れを短時間でサラッと落とします。
W洗顔不要で何度も洗顔を繰り返す必要がなく、液だれしにくいのでまつエクをしている人でも手軽に使用できます。

 

さらに、「毛穴クリアカプセル」が配合されているので、皮脂汚れや古い角質が詰まって黒ずんでいる毛穴をすっきり綺麗に洗い上げます。
DUOクレンジングバームを使い続けることで、気になる毛穴の黒ずみも解消されるでしょう。

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム