大人ニキビの悪化はシミになって残る可能性が高い!

 

大人になってもニキビに悩まされている人は多いようです。
10代の頃は誰でも青春ニキビができるものですが、大人になってもしつこく残ると、最悪シミとして残ってしまうのです。
若いころにできるニキビはすぐに治りますが、大人ニキビの特徴は顎や首、口の周りなどに繰り返しできてしまいます。
肌のバリア機能が低下していることもあり、ちょっとした刺激や睡眠不足、生活習慣や食生活が原因ですが、ホルモンのバランスも一因です。
大人になると、ニキビがあってもメイクをしないわけにはいきませんし、ストレスや疲れをためてしまうので、なかなか改善しないのです。
だからと言ってそのまま放置していると、一生残るシミができるので、早めのケアが何よりも大切です。
大人ニキビには専用のケアが必要なのですが、多くの人は青春ニキビ用に販売されているケア用品を使っています。
しかし、このようなケアが逆にニキビを刺激し悪化させてしまうので、大人ニキビ用を選ばなくてはいけません。
青春ニキビの場合は、ホルモンの影響で過度に皮脂が分泌されてしまうので、それを取り除き清潔にするケアがっ有効です。
逆に、大人ニキビの場合は皮脂を取り除きすぎることで、肌に必要なバリアまでなくなってしまうのです。
肌の状態を整えるためには、保湿と肌のターンオーバーを正常に戻すケアが必要になります。
これだけの違いがあるので、当然ケアの仕方も異なると言うわけです。

大人になってもニキビができる原因は?

ニキビ
それでは、大人ニキビの原因とは具体的にどのようなことでしょう。
先ほども説明した通り、青春ニキビと大人ニキビは全く違うものです。
大人ニキビの特徴は、できる場所が決まっていることと、何度も同じ場所に繰り返しできることです。
また、赤く大きく炎症したり膿を持つこともあるので、跡が残りやすくクレーターと言って穴ぼこができたり、色素沈着、シミとして一生残ることがあるのです。
このような跡を治すことはとても大変なので、大人ニキビを作らないことと、長引かせないことが大切です。
大人ニキビの原因は、ストレスとホルモンバランスの乱れが挙げられますが、正直これらを全くなくすことはできませんよね?
もちろん減らす努力は必要ですが、それに並行してニキビにできにくい肌を作ることが、将来きれいな肌を保つために必要です。

できてしまったシミは自分で消せる?

それでは、もしシミができてしまった場合は、自分で消すことはできるでしょうか?
答えはイエスでもありノーとも言えます。
ネットで検索してみると、イボコロリでシミを取ったという人もいれば、挑戦して余計にシミが濃くなった、大きくなった人もいます。
ハイチオールCなどのサプリメントや薬を服用してシミが薄くなった人もいれば、全く変わらない人もいます。
これは、肌質や原因によって大きく異なり、誰かが成功したことでも自分には毒になることも考えられます。
素人の私たちには判断できないので、できるだけ危険が伴うことを避けるべきです。
それよりも、ニキビを作らなうように、シミができないようにしっかりケアすることの方がずっと効果的ではないでしょうか?
諦めていた大人ニキビにはシンプルケアがおすすめです!
できてしまったニキビをできるだけ早く治したい一心で、つい色々試してしまいますが、結局は肌の自然治癒力を高めることが不可欠です。
ニキビがあるだけで一日ブルーな気持ちになりますよね?
できるだけ早く治してハッピーな毎日を送れるようにしましょう!

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム