ニキビを潰せば早く治るのは本当?実は絶対にやってはいけないことなのです!

 

 

世間では「ニキビは潰してはいけない」という説と「潰すことで早く治る」という説の2つが知られています。

 

本当はどちらが正しいのでしょうか。

 

医学的見地から見た、ニキビケアの真実をお伝えしたいと思います。

 

ニキビは軽度なら潰すことで治る…という話も聞きます。

 

しかし、実際にはどうなのでしょうか。

 

ニキビを潰して中身を出したことがある人は多いと思います。

 

確かに治りが早くなったような気もします。

 

しかし、潰すと痕が残るという説もあるので、不安で潰すことは控えているという人も少なくないでしょう。

 

もしも、正しいニキビの潰し方があるのでしたら、その方法についても知りたいですよね。

 

 

ニキビを潰すのは避けるべき!

 

原則として自分で潰すのは絶対に避けるべきです。

 

特に手指の爪で潰すというのは最大のNGです。

 

爪で、周辺の皮膚まで傷をつけてしまって、そこに指の雑菌が付着して炎症を起こす可能性があるからです。

 

深く傷つけてしまうことでクレーター状の跡が残ってしまう恐れもあるでしょう。

 

リスクこそあっても、プラスになることは一つもないのです。

 

偶然にも、1つか2つニキビが出来た程度で皮膚の状態が良い場合もあります。

 

こういいうときは、白ニキビや黒ニキビの中身だけをキレイに取り出して治癒が早まるという例もあります。

 

しかし、極めて幸運な例といえます。

 

 

 

ニキビの芯を取り出す器具がある

 

ニキビの芯を取り出す方法を紹介します。

 

ニキビを潰して治したとしても、原因になっている食生活やスキンケアを改善しなければ繰り返しニキビができます。

 

ですから、根本を解決しない限り、ニキビ跡や悪化の危険を冒してまで潰すことはないのです。

 

どうしても、早くニキビを治したいときや肌が強いという自信があるならニキビを潰しましょう。

 

ニキビの芯を出すときに必ず用意しておくものもあげておきます。

 

ニキビの芯をキレイに出し、ニキビ跡を残さないように用意するものがいくつかあるのです。

 

 

ニキビの芯を出すときに用意するもの

 

・コメドプッシャー(面皰圧出器)
・ニキビの表面を潰すための針
・消毒液化粧水(なんでもOK)+コットンもあればなお良し
・オロナインH軟膏かキズパワーパッド

 

あまり知られていませんが、ニキビを潰すコメドプッシャーという器具が売られています。

 

ニキビを悪化させないためにも必ず用意しておいたほうがいいです。

 

 

洗顔&手を洗う

 

ニキビを潰しやすくなるようにお湯で洗顔をして、蒸しタオルor入浴をします。

 

毛穴を広げ、肌をやわらかくするためです。

 

雑菌が入らないように手を洗うのを忘れないようにしましょう。

 

 

コメドプッシャーで白ニキビを潰す

 

用意しておいた針でニキビに穴を空けます。

 

コメドプッシャーを使ってニキビの芯や膿を押し出して取りのぞきます。

 

このとき、注意したいのが、道具を消毒しておくことです。

 

そして、ムリして出さないことです。

 

ムリして出そうとすると肌が赤くなり、悪化する原因となるので要注意です。

 

 

化粧水でケアをする

 

ニキビの芯を取ったら血が出てきます。

 

化粧水をたっぷりつけたコットンで血を拭き取り、押し当ててケアをしましょう。

 

肌の奥まで化粧水が浸透しているのをイメージし、押し当てる感じがいいでしょう。

 

 

最後にオロナインH軟膏を塗るかキズパワーパッド

 

オロナインH軟膏は抗菌作用、傷を早く治す効果があります。

 

塗っておくことで、ニキビの傷の治りが早くなります。

 

塗ってから絆創膏をつけておけば、ベタベタも気にならないでしょう。

 

薬や軟膏を塗らずに、キズパワーパッドを利用するのもいいと思います。

 

 

残ったニキビの赤みをケア

 

ニキビを潰した後は程度の違いはありますが、赤みが残ることが多いです。

 

その赤みを放置するとニキビよりも消えにくい色素沈着型のニキビ跡になる可能性があります。

 

抗炎症作用のある化粧水でケアし、日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

 

 

ニキビを潰すと恐ろしいことに

 

医療機関でニキビの中身を物理的に取り出す処置があります。

 

面皰圧出というものですが、これはレーザーや針状の器具を用いて専門医が行う場合にだけ意味があります。

 

専門医でさえ、こうした特殊な医療器具を使うことでしが、面皰圧出が出来ません。

 

ですから、一般の人が爪やピンセットを用いて跡が残らないように潰すのは原則不可能です。

 

基本的にニキビは潰さない、触らないという方針が正解なのです。

 

医療機関で行う面皰圧出は対症療法です。

 

ニキビの発生そのものを解決する根本治療には至りません。

 

ですから、あくまで医師によっては採用するというレベルの補助的な手法に過ぎないと考えましょう。

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム