毛穴の汚れはクレンジングで落とせる!ニキビ予防にも

 

 

化粧を落とすときに欠かせないのがクレンジングですが、化粧を落とすだけではなく毛穴も綺麗になるアイテムとしても利用されていますよね。

 

クレンジングは毛穴の奥の化粧を浮かせて落とすという効果が期待できます。

 

そのため、毛穴に詰まった汚れも一緒に浮かし出して毛穴も綺麗になるのです。

 

クレンジングで毛穴の汚れも一緒に取ることができるなら、もちろんですがニキビ予防にも繋がります。

 

ニキビができる原因には毛穴の汚れ詰まりが原因となる場合が多いので、その汚れも化粧とともにしっかりとクレンジングで落とすことができれば、ニキビもできにくくなるでしょう。

 

ニキビで悩んでいる方にもクレンジングを使うということはとても良いこと。

 

ただ確かにクレンジングは毛穴の汚れもしっかりと落とすことができますが、使いすぎには注意しなければなりません。

 

ですが正しく使用することで、きちんと毛穴の汚れも解消できニキビ予防もしっかりとすることもできるのです。

 

たかがクレンジングと侮ってはいけませんね。

 

クレンジングもニキビ予防につながると考えて、化粧落としだけのアイテムとしては見ないようにしてみると良いかもしれません。

 

毎日のケアも大切ですが、しっかりと毛穴の汚れを落とすクレンジングも考えて利用しましょう。

 

 

毛穴の汚れの正体

 

毛穴の黒ずみやニキビの原因となるのが毛穴の汚れですが、この汚れって一体何なのでしょうか。

 

毛穴の汚れの正体、知っている人も多いかもしれませんが結構多くの種類があります。

 

汚れの大半となるのが皮脂ですが他にも化粧のファンデーションなども汚れの正体となります。

 

また落ちなかった角質も毛穴汚れの原因となる場合がほとんどです。

 

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、やはり角質がそのまま残ってしまい毛穴にも詰まったままの状態となるのです。

 

上手にはがれ落ちると、毛穴からもしっかりと落ちていくので汚れにはなりにくくなるのですが、なかなか落ちなかった場合には残念ながら毛穴の汚れとして残ってしまいます。

 

このように毛穴の汚れの正体には様々な種類があります。

 

他にも外気による埃や砂なども毛穴汚れの原因と言われていますが、ほとんどが皮脂や落ちなかった角質の方が毛穴汚れの正体となっている場合が多いそうです。

 

うまく角質が落ちなかっただけでも、毛穴の汚れの原因となってしまうので肌のターンオーバーはとても大切です。

 

ただうまくいかない場合には自分でも落としてあげることも大切なので、皮脂ケアの他にも角質ケアを意識するようにしましょう。

 

 

毛穴の汚れまで落とせるクレンジング選び

 

クレンジングでは化粧だけではなく毛穴の汚れも一緒に落とすことができますが、クレンジングによっては落とせないものもあります。

 

なので、毛穴の汚れも落とせるようなクレンジングを選ばなければならないのです。

 

毛穴の汚れを落としたいのなら選ぶべきクレンジングはふき取りなどはやめておいた方が良いでしょう。

 

できるだけ毛穴に馴染むような液体のものを使用すると、毛穴の汚れも落としやすくなります。

 

ジェルタイプやコールドクリームタイプのものでも、毛穴の汚れを浮かし出す効果が期待できるものの場合は、毛穴の汚れまで落とすこともできるでしょう。

 

ですが、するっと馴染みにくいものとなると、なかなか毛穴の汚れは浮かせることができません。

 

一番に毛穴の汚れが落としやすいのは、オイルタイプなどとろみのあるバームタイプなど、テクスチャーが比較的柔らかいクレンジングなどになります。

 

オイルタイプの場合は自分の皮脂に近い成分のオイルを使用することで、皮脂が溶けやすくなり毛穴からも出て来やすくなります。

 

またバームクレンジングもとろみがあり毛穴に詰まった皮脂も浮かしやすいですし、汚れも落としやすいものが多いです。

 

クレンジングも選び方次第で毛穴の汚れが落とせるかどうか違うので、毛穴の汚れのことも考えたクレンジングに注目して選びましょうね。

 

 

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム