大人ニキビは食べ物で悪化する?避けたい食品とは?

 

 

気がついたらぽつっとできてしまっているニキビ、大人になってもニキビに悩まされることってありますよね。

 

そんな厄介なニキビ、実は食べ物で悪化してしまうのです。

 

え?食べ物で?と驚く方や、もう既に知っている方もいるかもしれませんが、ニキビを悪化させないようにするためには、できるだけ避けたい食べ物を把握しておく必要があります。

 

ニキビができる原因は肌ケアが合っていない、何かしら刺激があった場合や体質などがありますが、他に食べ物も含まれるのです。

 

なぜ食べ物によってニキビが悪化してしまうのか、それは食べ物の中にはニキビを悪化させる成分も含まれている場合があるからなのです。

 

全ての食べ物の中にその成分が含まれているというわけではありませんし、含まれているからといって必ずニキビが悪化するというわけではありません。

 

ですがそれらの成分の量が、多く含まれている食べ物は注意が必要です。

 

例えば添加物や油分の多いカップ麺などの食べ物はニキビができやすいと言われています。

 

他にもスナック菓子や揚げ物、塩分が多い食品も気をつけたほうが良いのでファストフードにも注意は必要です。

 

飽食の時代だからこそ、ニキビを悪化させてしまう食べ物も少なくはありません。

 

自分で気をつけなければ避けられない場合もあるので、できるだけこれらの食品に注意してニキビケアを進めてくださいね。

 

 

甘いものがNGって本当?

 

ニキビが悪化してしまう食べ物として注意したいのが、やはり一番に甘いものではないでしょうか。

 

ニキビには甘いものが要注意という話はよく聞きますよね。

 

では、甘いものが本当にダメなのか、なぜダメなのかその理由は一体何なのでしょうか。

 

甘いものを多く摂取することでインシュリンの分泌が過剰になる可能性があります。

 

インシュリンが多く分泌されることで皮脂の過剰分泌が引き起こされてしまいます。

 

そのため、今あるニキビに対しても皮脂が過剰に分泌されることで、より一層悪化したり、さらに他にもニキビができてしまう可能性があるのです。

 

肌にはある程度の皮脂も潤いや保湿の役割があるので必要とされますが、必要以上の皮脂はニキビの原因となってしまいます。

 

甘いものはそこそこの摂取であれば特に問題ありませんが、常に糖分を摂取している状態はニキビの悪化につながりかねません。

 

できれば今摂取している当分の量をもう一度見直して、ニキビが悪化している方は少し減らしてみるように気をつけてみましょう。

 

甘いものは基本的に摂取しすぎると、ニキビが悪化してしまう原因となります。

 

体にとってもあまり良くはないので、できるだけ避けるようにして甘いものの摂取量にはしっかりと気をつけるようにしましょうね。

 

 

飲み物も注意が必要

 

食べ物によってニキビが悪化する可能性がるので、できるだけ避けたい食品というものがあります。

 

ですが避けた方が良いのは食品に限らず、飲み物も注意が必要なものがあります。

 

特に注意したいのが甘い飲み物、ジュースなどは糖分が多いので必ず注意して摂取するべき飲み物でもあります。

 

また他にもカフェインの多い飲み物はニキビを悪化させる可能性があります。

 

カフェインは利尿作用があるので、体のビタミンを体外に排出させてしまいます。

 

せっかくのビタミン類が体から排出されてしまうと、ニキビも治りにくくなり悪化する可能性があるのです。

 

またアルコールも大量に摂取してしまうと活性酸素が体内に作られてしまうので、ニキビが悪化してしまうでしょう。

 

冷たい飲み物も代謝を低下させニキビ悪化につながってしまいます。

 

このように飲み物もたくさん注意が必要となるものがあります。

 

普段何気なく飲んでいるものが、ニキビの悪化につながる場合があるので、ニキビを作らない・悪化させないためにも、しっかりと注意しておいてくださいね。

 

ニキビができた時には温かいノンカフェインのものを意識する、そして糖分や油分にも気をつけながらしっかりとケアできるように気をつけましょう。

 

 

 

ニキビはクレンジングから!DUOクレンジングバーム